肝臓はサイレントキラー(沈黙の臓器)?

肝臓の病気は症状がない場合も多く、気づかないうちにかかっている場合もあります。

私の場合は、以前から発熱、おう吐、だるさ、オレンジ色の尿等、数々のサインがあるにも関わらず見過ごしてしまいました。

出産後のただの疲れだと勝手に自分で解釈していました(-_-)

肝臓は、臓器を休めると、その機能が回復するという特質があり、再生能力が高いのが特徴です。

肝臓を休ませる為に5日間の絶飲食となりました

肝臓を休ませるのはもちろんの事、今後の血液検査の数値が確認しやすいという理由もあるようです。

毎朝5時ぐらい、睡眠中に採血されました。眠気であまり痛くなかったのが幸いですが。

絶飲食の為、基本、点滴で必要な栄養や水分は補充されているのですが、やはり今までの生活習慣もあるし、何となく食事の時間になると、空腹感はありました。

そんな時は歯磨きで空腹感をごまかしていました

すっきりするミント系や、気分によって、イチゴ味の歯磨き粉を利用していました。

香りで気分リフレッシュ!

多少は気分転換出来ました。

水分補給もダメなので、喉の渇きはウガイでごまかしてもいました。

早く、普通に食事したいなぁとずっと思っていました。

普通に生活出来る事の素晴らしさを改めて感じました。

食事時間になると、配膳の人が間違えないように【絶飲食中】という表示カードがカーテンにぶら下げられました。

食べる事が大好きな私にとっての絶飲食は苦しい期間でしたが、長い人は1ヶ月以上も絶飲食している人もいるし、病気で口から食事をとれない人もたくさんいるので、私は5日間という短い期間だけでしたので、本当に幸せですね。

総胆管結石の疑い、内視鏡(胃カメラ)で確認

消化器内科の先生から説明がありました。

私の担当って、消化器内科の先生だったんだ!!と、この時分かりました(^_^;)

直接、身体の中を胃カメラ(十二指腸まで確認出来る内視鏡)で検査をするとの事です。

そしてすぐに検査を受けました。胃カメラは人間ドックの時も経験済だったので、恐怖心なく受ける事が出来ました。

麻酔のおかげで意識なく検査終了となり、痛みも感じる事なく終わりました。

検査結果

  • 胆のうの中に胆石あり。それが流れ落ちた事で、今回の激痛&体調不良になった(直接的な原因は不明:薬の副作用や免疫異常、慢性疲労、生活習慣の乱れが考えられる)
  • 胆のうもまだ炎症中
  • 胆管炎もあり、胆石が小腸の入口にある為、取り除く手術(カテーテル手術:内視鏡で行う)も必要
  • 急性すい炎も発症(胆管がつまった事で、不純物等が逆流してしまった為)⇒逆流防止のステント設置が必要

胆管が塞がり、胆汁が滞り、黄疸(皮膚や白眼が黄色くなる)になっていました。

オレンジ色の尿も黄疸の影響でした。

胆管炎はひどくなると、細菌や毒素が全身にまわりやすく死亡する事もある為、早期治療が必要との事でした(怖っ)

あの時、嫌々ながらも病院に行った事で、血液検査から入院、治療という流れになり、予期せぬ事でしたが、結果オーライとなりました。

病院に行っていなかったらと思うと恐ろしいです。早期発見とはなりませんでしたが、ギリギリセーフとなりました。

後日、内視鏡にて手術をしました。