息子がオネショ!!コインランドリーは子育てママを助けてくれます。

先日、息子が朝起きると同時に、

『まぁま、ズボンとパンツが濡れちゃった』

オネショをし、掛布団が濡れてしまいました。

でも、そんな場合でも大丈夫。

私はコインランドリーの便利さを知っています。リピーターです。

最近のコインランドリーは、布団も洗えるんですよ♪

雨の日に布団が濡れてしまいました

お天気が良い日なら自宅で洗濯して干す方法も、もちろんあります。

ですが、雨の日や天気が悪い日だと困りますよね。

そこで、私が利用しているコインランドリーだと

洗濯~乾燥までなんと、1時間で終了するんです。

初めて使用した時は、ほんとビックリしました。

なんて画期的な方法!

しかもちゃんと乾いてふわふわに仕上がります。

気になるお値段は

  • 大型機32㎏(標準コース)1,500円
  • 中型機22㎏(標準コース)1,200円

今回は中型機1,200円の洗濯乾燥機を利用しました。

乾燥機だけ使用したい場合は

  • 大型8分(100円)
  • 中型10分(100円)

約30分ぐらい利用するとほとんどの物は乾くかと思います。

300円~400円で乾くとリーズナブルですね。

ただ、デメリットとして、自宅で洗濯物を洗濯してから持ち込むので、水分を含んでいる分、運ぶ時に重くなります。

それに自宅での洗濯時間も必要になります。

私は、なるべくをしたいので

あえて、洗濯~乾燥までコインランドリーで完了させます。

洗剤も柔軟剤も自動投入され、手間いらず。

なんたって、全てが1時間でおわりますしね。

1,200円なら納得出来る料金です。

せっかくコインランドリーに行くので、ほかにもいろいろ洗いたい物も一緒に持って行きました。

今回はトータルで約6㎏

余裕で中型機22㎏(標準コース)1,200円を利用出来ました。

この日は日曜日で、しかも雨の日

9:00から営業していますが、私が行ったのは10:30頃

いつもよりたくさんの需要があり、洗濯~乾燥コースは私が最後の1台でした。

ぎりぎりだけど確保出来て良かったです。

土日や祝祭日で雨の日は、営業時間と同時に来店した方がすぐに利用出来る確率が上がりますね。

コインランドリーの雰囲気

私が行ったコインランドリーは、うるま市のドン・キホーテ内にあります。

安全&清潔で女性1人でも気軽に立ち寄れます。

普通の洗濯物や、子供の大量な洋服などを洗濯~乾燥している子育てママさんもいますよ。

それに乾燥機だけ利用する人も結構います。

使用方法も簡単なので、1回利用するとすぐに慣れます。

店内飲食は禁止されていますが、設置済みのドトールの販売機で買う飲み物はOKのようです。

料金もこれまた100円とリーズナブルでコーヒー等を味わいながら待機する事も出来ます。

洗濯~乾燥の待ち時間中にしたこと

  • ドン・キホーテで買い物
  • 買い物後は、ドン・キホーテ内に入っているラーメン屋さんで昼食を食べました

お腹が空いたので急遽入り、あまり期待はしていなかったのですが、ラーメンも餃子も美味しかったので満足しました。

開店すぐの11時頃に入店したので店内は空いていましたが、食べ終わる頃には満席になっていました。

やっぱり何事も早めの行動がいいですね。

そして、食べ終わると、洗濯~乾燥も終了していました。

乾燥まで終わった洗濯物は、設置されているカートに入れて、台まで運び、畳んで袋に入れ、持ち帰りました。

最近のコインランドリー事情

  • 大物(毛布、カーテン、カーペットなど)も洗えるし、乾燥も出来る
  • 靴(スニーカーや子供靴)も洗え、靴乾燥機もある(ただし、靴の場合は洗いと乾燥は別機械)

共働き世帯の増加や子育て世帯のニーズもあり、最近では安全、清潔なコインランドリーが増え、気軽に行けるようになっています

まだ利用した事がないという人も、楽家事でコインランドリー便利ですよ!!

毛布やシーツ、カーテン、カーペットなどの大物を洗うのも苦になりませんし♪

雨の日や、早く乾かしたい、干す場所がない、外に干したくない場合にも便利です♪

一度はお試しあれ!!

★Coin Laundry cafe

店舗(豊崎店・東浜店・真嘉比店・南上原店・うるま市SHIOYA店)ありますよ↓↓↓

http://www.coinlaundrycafe.com/

沖縄には他にもいろいろ便利でキレイなコインランドリーがあるようですね♪

★wash land (沖縄初 IT・ICコインランドリー)↓↓↓

http://www.wash-land.com/

★フトン巻きのジロー↓↓↓

http://laundryjiro.jp/shop-list/

フトン巻きのジローについて詳しく書かれているブログはこちら→⭐︎