42歳、3人目妊娠しました。出産予定日は2019.12月です。

3人目を希望して、1人目、2人目もお世話になった琉大病院2018.8月から通い始めました。

結果、約9か月後2019.5月(41歳)に妊娠が判明し、現在2019.7月(42歳)は妊娠5ヵ月目です。

3人目不妊治療について

年齢的にもそろそろ限界が近づいていたので、主人とも相談し、2人の意見が一致した事もあり、3人目の不妊治療は41歳(2018.8月)にスタートしました。

スタートと同時に止め時も決め、43歳と設定しました。

後悔したくなかったので、出来る限りの事はチャレンジしようと決めていました。

1人目不妊でとても悩んでいる人が多いのに、3人目まで病院でお世話になるなんて、贅沢だし、後ろめたい気持ちもありましたが、でもやっぱり自分に正直に生きる事にしました。

1人目不妊治療の時↓↓↓

卵巣のう腫手術も無事終了し、やっとで本格的に不妊治療スタートしました。 久しぶりの診察で、先生からは 『よく手術頑張りましたね』...
個人病院の婦人科の先生から紹介状を頂き、琉大病院へ行きました。 自宅から琉大病院までは約1時間かけて車で行きます。期待と不安が半々でし...
子宮卵管造影検査をし、右卵管閉塞が判明しましたが、左卵管は大丈夫だし、左は卵巣のう腫の手術もしているので、右がダメでも左で妊娠出来る可能性は...

2人目不妊治療の時↓↓↓

夫にも相談し、2人目不妊治療を開始する事にしました。 この時、長男7か月でした。 世間的にはまだ早いと感じるかもしれませんが、年...
2人目不妊治療がスタートしました。 前回の1人目不妊治療の時と同様に、今回も排卵誘発剤(クロミッド)1錠の服用から開始です。 ...

3人目不妊治療も同じ先生が良かったので、電話で予約を入れてから行きましたが、今回は紹介状がなかった為、初診で5,400円プラスになると説明がありましたが、納得した上で受診しました。

血液検査で甲状腺の数値が引っ掛かる

3人目不妊治療前の血液検査をしました今までの血液検査では特に異常なくスムーズにスタート出来ていました。

ところが今回は、甲状腺のホルモンを出しなさいと命令するホルモン(TSH)が若干高い⇒甲状腺の機能が低くなっているとの事でした。

甲状腺関係の数値に異常値があると不妊につながるとの事です

甲状腺について詳しくはこちら→★

先ずは甲状腺関係の数値を改善してから不妊治療スタートする事になり、治療の為に同じ琉大病院の内科を案内され、その場で内科の予約を入れて頂きました。

人生にはまさか!!という出来事がありますが、私のこの出来事も予想もしていない事でした。

自分は大丈夫、健康だ!!となんの根拠もなく思ってしまう自分自身に反省です。

内科を受診し、薬を処方される

薬はチラーヂンS錠25㎍です。

この薬を飲むと甲状腺刺激ホルモン(TSH)の値が安定するとの事で、まずは1日1錠で処方されました。

数日後、血液検査を再度し、まだ若干数値が高かったので薬の量を少しだけ増やしました。

薬はチラーヂンS錠25㎍、チラーヂンS錠12.5㎍1日各1錠となりました。

薬を飲み始めてから薬の効果を感じるようになりました。

  • 今までとても疲れやすかった身体が軽くなったような感じがする
  • 乾燥肌で、かゆみもあったが和らいだ
  • 足のむくみがなくなった

薬ってすごいです。あんなに小さいのに大きな働きをしてくれています。

疲れやすかったのも甲状腺が関係していたのかな?

今までは、やる気はあるけど、なんだかだるくて動けない事も多かったのですが、薬を飲む事で身体の調子が良くなったので、日常生活も元気に過ごせるようになりました。

薬は足りないホルモンを補充しているので、症状は治まっても機能が戻ったわけではないので、飲み続ける必要があると説明がありました。

数値も安定してきた事から、1ヵ月に1度の内科受診となりました。

甲状腺の超音波検査もしました。

検査結果は、小さなしこりはあるが、形がいびつではないし、悪性ではなさそうとの事で、今後は1年に1度の定期検査(超音波検査)を受ける事になりました。

先生から、ヨードを含む食品は控えるように!!との説明もありました。

主に海藻類(ひじき、昆布など)

琉球料理には昆布を使った料理が多いから注意して下さいとの事でした。

ヨード摂取と甲状腺についてはこちら⇒★

薬のおかげで甲状腺数値も安定したので、婦人科受診再開となり、3人目不妊治療開始となりました♪

つづく。